ブロック骨移植

GBRでは十分な量の骨が得られない場合には、骨をブロックで切り出し、移植することで必要な骨を獲得します。
移植する骨は下顎枝(下顎の一番奥にある歯の外側あたりの骨)より採取する場合が多いです。

ishoku01.gif

歯を失うと骨の吸収が進行し、理想的な位置にインプラントを埋入すると骨が不足します。

ishoku02.gif

切り出してきた骨を不足する部位にチタンスクリューで固定します。

骨の成熟を待って、インプラントを理想的なポジションに埋入します。

ishoku04.gif

症例

主訴

左上真ん中の歯茎が腫れた

初診診

デンタルX線診査

左上中切歯根尖側に
骨透過像
深い歯周ポケットと
大きな透過透像より
歯根破折と診断

抜歯後CT 撮影1

3D画像を構築する唇側の骨欠損が広範囲に及んでいる
理想的な位置に埋入すると骨が不足する

抜歯後CT撮影 2

ブロック骨移植後CT

3D画像を構築する
理想的な位置にインプラントを
埋入することができる

インプラント埋入後X線写真

診療メニュー

治療の目標を共有し、患者さまと共に二人三脚で歩んでいく姿勢が重要だと思います。 患者さまに合わせて治療期間、治療費、治療内容をご説明いたします。
そして、いくつかの選択肢の中から患者さまに一番あった治療法が選べるように私たちがお手伝いさせていただきます。

初めての方へ

初めての方へ